狂言・大蔵流・善竹【志芸の会HP】 |公演スケジュールお問い合わせTOP
  <公演記録>  
 
  ●2016 1/10(日)新春能 翁・国栖(神戸・湊川神社神能殿)  
     
   
         
   
         
  ※チケット購入フォーム → コチラ  
 
 
 
 
  ●2012 5/4(金・祝)親子で楽しめる狂言・えいご・ワークショップ(東京・国立能楽堂)  
     
   
         
   
         
  ※チケット購入フォーム → コチラ  
 
 
 
 
  ●2011 11/20(日)志芸の会公演第四回「春秋釣狐の会」牟田素之 釣狐披キ(大阪能楽会館)  
     
   
         
   
         
  ※チケット購入フォーム → コチラ  
 
 
 
 
  ●2011 5/13(金)大蔵流 狂言方 善竹忠重 釣狐(東京・国立能楽堂)  
     
   
         
   
         
  ※チケット購入フォーム → コチラ  
  ※本公演の収益は、日本赤十字社を通じて、東日本大震災復興義援金とさせていただきます。  
         
 
 
 
  ●2010 11/21(日)志芸の会公演第三回「春秋釣狐の会」前川吉也 釣狐披キ(大阪能楽会館)  
         
   
         
   
         
  志芸の会公演「春秋釣狐の会」

大蔵流狂言「佐渡狐」
    佐渡の百姓      小林 維毅
    越後の百姓      稲田 裕
    奏者         阿草 一徳
    
     「釣狐」
    前 伯蔵主・後 古狐 前川 吉也
      猟師       善竹 忠重
 
日時 平成22年11月21日(日)14時始め
場所 大阪能楽会館
一般前売 3000円 一般当日 3500円
学生前売 2000円 学生当日 2500円
 
 
 
 
 
  ●2010 10/26(火)〜28(木)マクベス(東京)  
         
   
         
   
 
 
 
 
  ●2010 7/18(日)7/25(日)モリエール第二弾「ひなどり花嫁」(東京・大阪)  
         
   
         
   
 
 
 
 
  ●2010 5/28(金)5/29(土)6/4(金)6/5(土)ロミオ&ジュリエット(京都・大阪・東京)  
         
   
         
   
 
  2010年 Theatre Project Si ラストへのカウントダウン。今送るは、この物語。 2008年『ハムレット』でその幕を開けたTheatre Project Si。「3年間で全6作」という計画で始まったこのプロジェクトは、今年2010年、ついに最後の年を迎えます。第5回の今回、満を持してお送りするのは 「ロミオ&ジュリエット」シェイクスピア劇の中で最も有名で、最も多くの人に愛された作品と言っても過言ではないこの作品。
 
主人公のロミオとジュリエットに「ハムレット」以来のダブル主演となる大蔵流狂言師・善竹忠亮&二期会・ソプラノ土田聡子。これまで唯一、全作品に出演してきた2人が、主演として再び対峙します。
モンタギューVSキャピレットという2つの家同士の争いの中で、恋に落ち、やがて悲劇を迎えるふたりの物語。
 
モンタギュー家を狂言師で、対するキュピレット家をオペラ歌手で固めると言う、かつてない趣向でお届け致します。全シリーズ中、最多の4人のオペラ歌手(二期会)を迎える今回は、続投のメゾソプラノ・北澤幸の他、バスバリトン・畠山茂、バリトン・吉川健一が初参加。新風を吹き込みます。大蔵流狂言師からは、若手の筆頭・茂山良暢と牟田素之が参加。ロミオとジュリエットを密かに助ける実相院役は、2大流派の重鎮、善竹忠重(大蔵流)・佐藤友彦(和泉流)によるWキャスト。さらに音楽は琴とチェンバロという、東西の旋律楽器の対決です。琴に青木麻衣子、チェンバロに小林功を配します。美しい旋律の二重奏と、二期会豪華オペラ勢により、シリーズ随一の音楽性を目指します。 (公演パンフレットより)  
 
<公演日時>
京都 公演 2010年5月28日(金) 午後7時開演 於 京都観世会館
大阪 公演 2010年5月29日(土) 午後2時開演 於 大阪能楽会館
東京 公演 2010年6月4日(金) 午後2時・5日(土)午後7時開演 於 国立能楽堂
 
<キャスト>

【鈴木家(モンタギュー)】
鈴木大介(ロミオ)・・・・・・・善竹忠亮
竹本大膳・・・・・・・・・・・茂山良暢
青山十郎・・・・・・・・・・・牟田素之
【松山家(キャピレット)】
松山鮎(ジュリエット)・・・・・土田聡子
坂本義仲・・・・・・・・・・・吉川健一
松山義家・・・・・・・・・・・畠山茂
かえで・・・・・・・・・・・・北澤幸
 
演出 
関根勝
原作 ウィリアム・シェイクスピア
作曲 石川潤一 音楽アドバイザー 吉田亮一
衣装 山本喜代志(オートクチュール・コスタブランカ)
ヘア&メイク 山崎健志 
演出助手 牟田素之 宣伝美術 小池真奈美 宣伝デザイン 石川俊介
プロデュース 川橋範子
 
主催
 Theatre Project Si 京都実行委員長 吉田恒(吉田装束店)
後援 日英協会 二期会 イタリア研究会 新風館 早稲田大学国際教養学術院 関西大学アジア文化交流研究センター VivaCe 五島公認会計事務所
 
料金

A席 5,000円 B席 4,500円 C席・E席4,000円 D席3,500円 F席3,500円(学生2,000円) 
お申込み 03-3584-2085(Theatre Project Si事務局) 
 
チケット取り扱います → http://www.zenchiku.com/zen_mail01.html
 
 
 
 
 
  ●2010 02/13(土)・28(日)日本式フランス喜劇「恋の良薬」(東京・大阪)  
         
   
         
   
 
  喜劇作家としてはシェイクスピアをも凌駕すると言われる<モリエール>
我が国の喜劇のルーツを担う
 
<狂言>
「志芸の会(しげのかい)」が、この世界の「喜劇」を日本の「をかし」に広げる新プロジェクトを始動、バレンタインを挟む恋の季節に能楽堂を新たな笑いの渦に巻き込みます。 17世紀フランスの喜劇作家モリエールの作品を舞台化した喜劇『恋の良薬』
 
<あらすじ>
遼之進(レアンドル)を慕う鮎姫(リュサンド)。でもその恋が叶わぬことを知るや仮病を使い、親の決めた婚儀の先延ばしを計ります。その身を案じた父・紳右衛門(ジェロント)は、ただひとり姫の想いを知る乳母・若尾(ジャクリーヌ)の話も聞かず、太郎冠者(ルカ)にどんな病もたちどころに治す薬師を探して来いと命じるのでした。そこへ妻・多賀(マルチーヌ)から愛想をつかされた炭焼きの男・清助(スガナレル)が登場。あれよあれよという間にまんまと名医師に担がれてしまった清助の、そして姫の運命は・・!?  
 
<みどころ>

様々な恋のテーマが散りばめられながらも、とにかく思わず笑ってしまうシーンが連続するのが見どころの今作品。モリエール作品『いやいやながら医者にされ』を大胆にアレンジしました。もちろん原作公演時話題になった、学識を笠に着て患者を蔑ろにする医者への不信感が容赦ないモリエールの主張はそのままに、でたらめな言葉や学説に踊らされる人々のおかしみの面白さ(専門家の意見に盲従する現代でもそれが不変であることは周知のとおり)は、よりわかりやすく脚色されています。
そこへ室町時代から社会をありのままに表現してきた狂言の担い手が、培った技と間を駆使して新たな「をかし」の笑いを創造していきます。 演出は東西文化融合プロジェクトをすすめる早稲田大学教授の関根勝氏。また作曲に石川潤一氏を迎え、鮎姫役に中西麻貴氏(オペラ歌手)を起用。音楽の世界から作品観を構築していきます。  
 
<公演日時>
東京 公演 2010年2月13日(土) 午後6時開演 於 渋谷セルリアンタワー能楽堂
大阪 公演 2010年2月28日(日) 午後2時開演 於 大阪能楽会館 <キャスト>
紳右衛門(ジェロンド)・・・・・善竹忠重
清助(スガナレル)・・・・・・・善竹忠亮
鮎姫(リュサンド)・・・・・・・中西麻貴(関西二期会・ソプラノ)
太郎冠者(リュカ)・・・・・・・稲田裕(東京公演) 尾鍋智史(大阪公演)
遼之進(レアンドル)・・・・・・小林惟毅、事故により岡村和彦が代演します。
若尾(ジャクリーヌ)・・・・・・瀬戸圭(劇団神戸)
多賀(マルチーヌ)・・・・・・・牟田素之
 
演出 関根勝
脚本 森十八 作曲 石川潤一 衣装 吉田装束店 ヘア&メイク 山崎健志 
演出助手 牟田素之
 
料金
 一般前売 4,500円(一般当日5,000円) 学生前売2,500円(3,500円)
※ワンコイン座席指定・・・大阪公演のみ、プラス100円で座席指定が出来ます。志芸の会FAXからのみの受付致します。チラシの裏面をご利用下さい
⇒ファックス番号078−841-1651
 
『モリエール』について・・・ 本名ジャン=バティスト・ポクラン(Jean−Baptiste Poquelin/1622〜1673)喜劇作家としてはシェイクスピアを凌ぎ、今なお世界最高の地位に立つとされています。
パリの裕福な家庭に生まれたモリエールは、オルレアン大学で法律を学んだ後、俳優となりますが芽が出ず、売れない劇団の座長として地方の旅廻りを続けます。この時期に人間観察力を養ったとされ、1658年パリに戻ると次々に作品を上演。
殊に「女房学校(1662年作)」が大評判となり、史上初めて《喜劇作家》としての地位を築きます。特に人間の本性をさまたげる伝統的なしきたりに対する風刺喜劇は、当時代のフランス社会を正確に描写しており、後に宮廷でも支持を受け、人気、評価を不動のものにしていくのでした。その作中人物は今日でも人気が高く、作品は多くの国で翻訳され愛され続けています。
 
主な作品は「人間嫌い」「ドン・ジュアン」「町人貴族」「病は気から」「スカパンの悪巧み」など。この『恋の良薬』はモリエールの作品「いやいやながら医者にされ(Le Me´decin malgre´ lui 1666年作)」をもとに脚色しました。
 
 
 
 
 
  ●2009 11/22(日)志芸の会公演第二回「春秋釣狐の会」岡村和彦 釣狐披キ(大阪能楽会館)
 
   
         
   
 
  志芸の会公演「春秋釣狐の会」秋(大蔵流狂言方 岡村和彦 釣狐披キ)
 
演目:【狐塚】尾鍋智史 小林維毅 徳田知道
   【釣狐】岡村和彦 善竹忠重 
日時:11/22(日)午後2時開演
場所:大阪能楽会館(大阪市北区曽根崎)
料金:一般前売3,000円 一般当日4,000円
   学生前売2,000円 学生当日2,500円
主催:志芸の会
お問い合せ:電話 080-3831-3467・FAX:078-843-5946(志芸の会)
 
狂言「狐塚」
シテ 太郎冠者 尾鍋智史
アド 主人 徳田知道
アド 次郎冠者 小林維毅 狂言 「釣狐」
前シテ 伯蔵主
後シテ 古狐 岡村和彦
アド 猟師 善竹忠重
 
 
 
  <釣狐に想う>  
  大学のクラブ活動として始めた能楽。能・狂言、どちらもそれなりに打ち込んではおりました。当時(今もですが)、阪神間の学生で狂言を習うものは少なく、その希少性ゆえの自負心だけはありましたが、むしろ、能のもつ緊張感には多少の憧れを抱きつつ、狂言は「笑い」がキーワードであるために言葉通り「思いきり楽しんでいた」だけの関わりでした。
 
3回生の頃、師匠善竹忠重の2回目の釣狐がありました。私にとっては初めて観る釣狐でした。普通の狂言とは明らかに異なる異形の世界、闇の世界、何か鋭さを感じさせる緊迫した世界。私の狂言に対する思いが一変した瞬間でした。滑稽で軽妙な曲が100曲あろうとも200曲あろうとも、それは氷山の一角なのではないか、そうした明るい世界を支える深層部分は計り知れない巨大な暗さと緊張感の上に成り立っているのではないか、それがこの1曲だけであろうとも。狂言という芸の深さと広さは哲学をもってしては測り難しと(当時哲学を専攻していた私は)「思い込んだ」のでした。
 
ほどなく、稽古場で師匠と二人きりになり、暫し会話が途切れた静寂な中、「プロの狂言師になるために内弟子修業をしたいのですが」と口にしている私がいました。「やれるだけやってみてはどうですか」。そのひと言に縋って今日に至っているといってもよいでしょう。私は修行というものが好きだったのでしょう。師匠の釣狐にある種の荒行を感じていたのです。
 
今、私はこうした甘い回想にふけっている余裕はありません。20年近く経った今でも相変わらず修行は続き、次々にみえてくる新たな壁、そして自身の力不足。まさに修行の真っただ中。そして気がつくと、あの時魅せられた師匠の齢に、今の私は届いてしまった。そして届くことのないあの時の釣狐の大きさにあらためて気付かされる。
 
この度、宿年の憧れともいえる釣狐を披かせていただく。師匠の取り計らい、周囲の人達の協力に対して感謝の言葉を尽くしても足りないほどです。そして、これは何ものにも代えがたき喜びであることは間違いありません。しかし、その喜びは飛び上がるようなしろものではなく、かみしめればかみしめるほど正反対の感情が先に立ち、ぼんやりとしたおそれのようなものを感じています。荒行が始まる瞬間。おそらくそれは、 未だ知れぬ狂言という芸能の持つ底知れぬ深さに対する 「畏れ」なのだろうと、今はその時を待っています。
 
  岡村和彦  
 
 
  <極重習>(ごくおもならい)
「釣狐」は大蔵流では極重習(ごくおもならい)とされている。読んで字の如く、狂言の世界においてもっとも重要な曲と位置付けられている。
 
<披き>(ひらき)
このような重要な曲を初めて演じることを「披く(ひらく)」という。
通常、狂言師の家に生れ、幼い頃から修行を積んだ者は、20代半ばにこの曲を披く。この曲を習得するためには、通常の狂言とは異なる格別に厳しい修行を要するという。そして、この曲を披いた時、初めて一人前の狂言師として、いわば独り立ちできるといわれている。「狂言方の卒業論文」と呼ばれることがあるのはそのためである。今日においては、その修錬過程の厳しさを考慮すれば「博士論文」に相当するといえよう。
 
<猿に始まり狐に終わる>
この有名なフレーズにおける「終わり」とは、すなわち父なる師匠の庇護の元に安んじてきた「育成過程」である。この曲を最後に独立した芸能者として、生涯続く修行への幕開けを迎えるわけである。
 
<あらすじ>
釣狐は技術的に難易度が高いというばかりではなく演劇的な魅力にもあふれた曲である。猟師のもとに一人の老僧が訪れる。名を伯蔵主(はくぞうす)といい、猟師にとっては伯父にあたる。狐釣りをやめるよう説く僧は、実は、一族の絶滅の危機を感じた古狐の化けた姿であった。一度は猟師に罠を捨てさせたものの、帰り道に見つけた罠の餌に抑えきれない欲望にかられた狐は、狐の元の姿に戻って再びやってくる。
 
<みどころ>
前半は古狐が老僧に化けた姿。後半は狐そのものの姿。殊に前半は古狐が老僧に化けている様子、すなわち肉体的には獣による無理な2足歩行、精神的には一族の存亡をかけた切迫感を表現するためにさまざまな演出が秘められている。そしてこれは釣狐を演ずる者にしか伝えられることのない「口伝」として重く扱われている。それでなくとも「着ぐるみ」に包まれ体力の限界に挑む演者の姿は自ずと熱演を生じ、熱い感動が伝わることは間違いない。
 
<世襲制の先に>
岡村和彦は42歳。大学生のクラブ活動で始めた能狂言だが、在学中に師匠善竹忠重の2回目の釣狐に衝撃を受け狂言師としての道を決意。幼少期からの経験を伴わず、最も厳しい世襲制の世界に外部から参画する者として、今回の挑戦は大阪・神戸においては世代をこえた先駆的な舞台となる。
 
 
 
  ●岡村和彦(おかむらかずひこ)
昭和42年生まれ。善竹忠重に師事。昭和61年12月、「附子」にて初舞台。平成13年1月、志芸の会にて「千歳」を披く。平成14年1月、志芸の会にて「三番三」を披く。平成16年3月語「那須」を披く 
静岡県藤枝市生れ 神戸市在住
 
●志芸の会(しげのかい)
善竹忠重の主催する志芸の会(しげのかい)。これまで10年間、毎年新春に「翁と狂言の会」を続けてきた。狂言方の主催する公演としては史上初、他に例を見ない試みであった。大学生から修行を始めた者をプロの舞台に立てるまで育てた8人あまりの弟子達に三番三・千歳を伝授、披露の機会を与えてきた。他家の門下ではこのような機会を得られるまで育つ弟子は一代に一人か二人であろう。忠重は自らの責任のもと、弟子の育成を通して能狂言界の底上げに貢献してきた。ブームによる一時的な興隆、経済不況など環境変化による衰退。古典芸能の行く末に危惧を抱き、伝承されてきた本来の芸能の姿を確実に将来につなげるために、一個人としてできる最大のことは何か。環境問題を憂うエコロジストが苗を一本ずつ植えるのと同じく、彼は弟子の育成にその道を見出したといえる。
 
●主催者
善竹忠重(ぜんちくただしげ)
昭和22年生まれ。初世善竹忠一郎の次男。父に師事。昭和29年、大槻同門会「以呂波」にて初舞台。昭和38年、金春流宗家より祖父彌五郎(狂言方初の人間国宝)が善竹の姓を受け、一家をあげて改姓。昭和41年、神戸観世会で「三番三」を披く。昭和46年、善竹忠門会で「釣狐」を披く。昭和62年、極重習の「花子」を彌五郎追善会で披く。平成3年、重要無形文化財総合指定を受ける。現在、日本能楽会々員・能楽協会神戸支部常議員。平成20年11月、Theatre Project Si公演「リア王」主演。
 
 
 
 
 
  ●2009 04/25(土)志芸の会公演第一回「春秋釣狐の会」善竹忠亮 釣狐披キ(大阪能楽会館)
 
   
         
   
 
  志芸の会 公演「春秋釣狐の会」 (大蔵流狂言方 善竹忠亮 釣狐披キ)
 
 演目:【棒縛】尾鍋智史 徳田知道 小林維毅   
    【釣狐】善竹忠亮 善竹忠重 笛・赤井啓三
 日時:4/25(土)午後2時開演
 場所:大阪能楽会館(大阪市北区曽根崎)
 料金:一般前売3,000円 一般当日4,000円
    学生前売2,000円 学生当日2,500円
 主催:志芸の会
 お問い合せ:電話 078-891-6007  FAX:078-841-1651(志芸の会)
 
 
 
 
 
  「猿に始まり狐に終わる」  
  かつてTVコマーシャルにより流布されたこのフレーズ。狂言を実際に観たことがなくとも知らない人は少ない。「猿」とは『靭猿(うつぼざる)』の子猿役、「狐」とは『釣狐(つりぎつね)』の狐役である。「猿に始まる」、この曲で子役としてのスタートをきるということは想像に難くない。だが、「狐に終わる」、この言葉をどれ程の人が理解しているだろう。
 
 
<極重習 >
釣狐は大蔵流においては極重習(ごくおもならい)、和泉流においては大習(おおならい)、とされている。読んで字の如く、もっとも習得が難しい重要な曲と位置付けられている。しかし、それを演じることで登山における頂点を制し、マラソンにおけるゴールにたどりつく、すなわち「終わり」を迎えることができる、というのは大きな誤解である。
  
 
<披き>
この曲を初めて演じることを「披き(ひらき)」という。通常、狂言師の家に生れ、6歳ごろから修行を積んだ者は、20代半ばにこの曲を披く。笑いを中心とした一般的な狂言の役をひととおり習得した頃、技術的には伸び盛り、体力的にはまだまだ余裕のあるこの年頃に釣狐という曲を披く。
 
師匠は(多くの場合)父である。この曲を習得するためには、通常の狂言とは異なる格別に厳しく特殊な稽古を要するという。そして、この曲を披いた時、初めて一人前の狂言師として、いわば独り立ちできるといわれている。「狂言方の卒業論文」と呼ばれることがあるのはそのためである。
今日においては、その修錬過程の厳しさを考慮すれば「博士論文」に相当するといってもさしつかえあるまい。
 
 
<狐に終わる >
すなわち狐によって「終わる」のは、父なる師匠の庇護の元に安んじてきた「修行過程」であり、この曲を最後に独立した芸能者として、生涯続く修行への幕開けを迎えるわけである。狂言師にとってこれほど重要な曲はあるまい。
 
 
<あらすじ>
釣狐は技術的に難易度が高いというばかりではなく演劇的な魅力にもあふれた曲である。釣狐のあらすじはこうである。猟師のもとに一人の老僧が訪れる。名を伯蔵主(はくぞうす)といい、猟師にとっては伯父にあたる。殺生をすることの罪深さを説く僧は、実は、一族がことごとく捕獲され絶滅の危機を感じた狐が猟師に狐釣りを思いとどまらせるために化けた姿であった。
 
説得に応じて猟師は罠を捨てる。喜びに満ちた帰り道、捨てられた罠を見つけた狐は一族の敵とばかりに罠を攻める。しかし、罠に仕掛けられた好物の餌の匂いに、欲望を抑えきれず、僧衣を脱いで狐の姿にもどろうと急いで巣穴に帰る。伯父の様子を不審に感じた猟師は、捨てたふりをして仕掛けておいた罠が荒らされていることで伯蔵主の正体に気づき、待ち伏せをする。そうとは知らない狐はケモノの姿に戻ってやって来る。
 
 
<みどころ >
前半部分、狐の化けた伯蔵主がこの曲の最大の見どころといえる。通常の狂言とは明らかに異なる緊張感が舞台を張り巡らせる。無理な姿勢、特別な発声という技術的な特殊性に由来するばかりではない。狐の化けた僧という設定による、生臭い野獣性と殺生禁断を説く高潔性のある種矛盾した両面性によって「この世のものとは思えない」えもいわれぬ不気味な存在感に集約されている。
 
この不気味さは、釣狐を稽古する者にしか伝えらることない門外不出の口伝など数多くの秘儀を表現するための演者の極度の集中力によって醸し出されている。通常の狂言の軽やかで洒脱な表現を極めるためには、斯くも深くて暗い闇の世界を理解しなくてはならないのかと、観る者を圧倒させるに違いない。また終始「着ぐるみ」に包まれ体力の限界に挑む姿は自ずと熱演を生じ、熱い感動として客席に伝わることは間違いない。
 

<善竹忠亮が披く>
善竹忠亮は神戸市在住の29歳。善竹忠重の長男として、関西能楽界の若手の一翼を担い、将来を嘱望される青年である。見た目には当世風のイケメンのようではあるが、幼少より古典芸能の修練を重ねただけに、芸能に対する真摯な追求はやまず、狂言師としての舞台活動と並行して立命館大学の大学院で能狂言の近代史を学術的な側面から研究している。
 
4歳で初舞台をして以来、順調に狂言師としての基礎を固めてきた彼は昨今、早稲田大学教授関根勝氏のプロジェクトでシェイクスピア演劇に挑戦している。教授から求められたのは、狂言で培った心技体を駆使しつつ、狂言を封印した現代劇表現をするというものであった。すでに2008年6月にはハムレットを主演し、このプロジェクトを成功に導いている。
 
今回、29歳の披きは他家に比べて遅咲きといえるかもしれない。それだけに、客席においては、披きという緊張感の共有を楽しみつつ、高いレベルでの完成度を期待することができるというものである。この舞台が彼の芸能人生の大きな節目となるのは間違いなく、客席にいる者は、その歴史的な現場に立ち会うという大きな責任をも持って臨みたい。
 
     
 
 
 
  <春秋狐の会>(しゅんじゅうきつねのかい)
 
今回の釣狐は善竹忠亮一人の披きで完結するものではない。善竹忠重の弟子にも、一人でも多くに披く機会を与えるため、3年間をプロジェクト期間として、半年毎に計6回開催する予定である。
 
第1回は「棒縛り」と「釣狐」の2曲。海外公演でも好評を得るもっとも狂言らしくわかりやすい「棒縛り」とならべることにより、一般観客にも足が運びやすく配慮されている。また、観る側も、両曲の相違と比較に、釣狐のもつ奥深さ、ひいては狂言のもつ芸域の幅広さを実感するであろう。